2019年9月22日 最新

なぜ予防する必要があるの?

下の図は、年代別歯科医院のかかり方と残存歯数を示しています。

治療を必要としなくても歯周病やう蝕のリスクに応じた間隔で定期健診・予防処置を受診する患者さんは、痛みなどの症状があらわれた時だけ治療して来院する患者さんと比較すると、歯を失う本数が明らかに少なくて済むというデータです。

年代別 歯科医院のかかり方と残っている歯の数

50歳前後から残存歯数に大きな差が出てきています。
症状があるときのみの受診では、生涯歯の健康を維持するには困難であることがわかります。

なぜ予防する必要があるの?予防歯科・メインテナンスを強くおすすめするのは、京極歯科での処置・治療の「その後」に責任を持ちたいから。

これからは、プロのメイテナンスが、あなたのお口の健康づくりをお手伝いします。

是非、治療ではなく、お口のケアのために来院下さい!!

 

 

 

予防歯科(メンテナンス)の重要性

歯のクリーニングについて

精度の高い治療と歯周病予防

当医院では、歯の清掃(歯石の除去)を徹底して行っています。それには主に2つの理由があります。

精度の高い治療と歯周病予防