2019年7月18日 最新

女性、妊娠されている方へ

おなかの赤ちゃんに大きな影響を及ぼす歯周病の驚きの実態!

歯周病と妊娠・歯周病になると、低体重児が生まれやすい
歯周病で歯周組織が壊れていると早産の危険性がずいぶん高くなるという。喫煙や飲酒も高くなるといわれていますが、そのなかでも歯周病が圧倒的に高いと言われています。

・歯周病を起こす菌は女性ホルモンが大好き
歯周病菌がママの口の中で繁殖すると血液を通して全身にまわり、それが低体重児を産む原因になっているわけです。女性ホルモンを栄養としている細菌もいるという事実もあります。

 

 

歯周病と妊娠予防のポイント
●つわりがひどい時 ―「マウスウォッシュ」を使う。「キシリトール」入りのガムを咬む。

● つわりがおさまったら ― 入浴中にブラッシングをしてみる。ブラシのヘッドを小さいものにしてみる。歯磨き粉を少しにしてみる。

ブラシが口に入るだけで気持ち悪くなるならば、デンタルフロス(糸ようじ)で歯間清掃するように心がけましょう。

妊娠中のあなた、これからママになりたいあなたには、知ってもらいたい歯周病。 なってから治療するのはもう手遅れです。なる前の予防、ひどくならない様にする為の予防の大切さを理解してもらいたいのです。必ず予防していれば歯周病にかかる率も低くなり、これから長い人生、自分の歯で楽しく食事が出来るように心掛けましょう。

自分の為に、自分の大切な赤ちゃんの為にもきちんと口腔管理をしましょう。

今、不妊症で治療されている方もすごくたくさんいる中で、女性特有の病気も多く、これも歯周病と同じように今の生活習慣を改めて、食生活の見直しをしましょう。

意識して気にしていれば改善されていくと思います。

3か月に一度のメインテナンスを是非実行しましょう!痛くありませんし、お口がスッキリします。