2019年7月18日 最新

骨粗しょう症の方へ

骨粗しょう症と≪歯周病≫との関係を知っていますか?

歯周病は、歯を失う大きな原因の1つです。

歯周病と骨粗しょう症

骨粗鬆症の人は、そうでない人に比べて、歯周病にかかっている場合の歯槽骨吸収(歯をささえる骨が少なくなっていく)の量ははるかに多くなり、歯周病の進行は促進されます。また、歯周病で歯を失うと咀嚼力が低下し、バランスのとれた食事をしにくくなり、からだ全体の骨密度が低下する可能性が高くなります。歯周病のよる歯の喪失が原因で、バランスのとれた食事の欠如が原因です。

歯周病と骨粗しょう症歯科のパノラマエックス線撮影で、あなたの骨粗しょう症のリスクがわかります。

 

 

 

歯周病の予防には、正しいオーラルケア(歯磨き、歯石取り、歯垢取り)と、定期的なチェックによるメインテナンス≪予防≫が不可欠です。