2019年9月22日 最新

胃潰瘍の方へ

胃潰瘍と≪歯周病≫との関係を知っていますか?

歯周病は、歯を失う大きな原因の1つです。

35歳男性Bさんの出来事です。

歯周病と胃潰瘍以前より、腹部の上の方がややシクシクするような感じはありましたが一次的なものだろうと思い、あまり気に留めていませんでした。しかしある時、急に強い痛みがあらわれ内科を受診しました。医師からいわれた病名は『急性胃潰瘍』でした。

原因を取り除く必要があると考えたところ、原因は口の中にあったということがわかりました。以前から歯周病になっていました。歯肉からの出血を繰り返し、そのため奥歯で物が噛めなくなりました。あまり噛まずに飲み込むことが次第に多くなり、その上、痛むたびに鎮痛剤を頻繁に飲んでは痛みを紛らわしていました。

それほど胃を酷使していたのです。歯科で歯をきちんと治し、食べられるようにしたところ、胃が痛むこともなくなってきました。

 

歯周病と胃潰瘍

歯周病の予防には、正しいオーラルケア(歯磨き、歯石取り、歯垢取り)と定期的なチェックによるメインテナンス≪予防≫が不可欠です。